地盤調査、地盤改良、敷地調査の金城重機株式会社は千葉県松戸市を拠点に全国で地盤業務を展開。不同沈下修正工事や、地盤保証など地盤のことなら金城重機にお任せください

事業内容

地盤業務のプロフェッショナルとして、
小規模建築物における住環境の安心・安全を提供します

金城重機株式会社では、主に中小規模建築物を対象とした、建築物敷地の敷地調査、地盤調査から、地盤補強、沈下修正の設計・施工、地盤保証に至るまで、各分野において豊富な知識と経験、高い技術力を持ったスペシャリストが対応。

それぞれの事業を通じて、住宅地盤に関わる技術的な問題を的確かつ迅速に解決し、一貫して信頼のおけるサービスをご提供することで、日本の住宅にお住まいの皆様に、小規模建築物における住環境の安心・安全をお届けすることが、私たちの使命です。

弊社には、住宅や地盤に特化した技術があります。
また、下記にご紹介する事業を行うにあたり、技術士、1級建築士、住宅地盤主任技士(調査部門、設計施工部門)等の資格・学位を有するスペシャリストがしっかりとサポート。敷地調査から地盤保証まで、地盤業務のことなら私たちにお任せください。

地盤調査

小規模建築物の地盤調査では、快適な住環境の安心・安全を確保するために、事前調査とスウェーデン式サウンディング試験による現地調査を実施。建築物敷地下の地盤状況、地盤の工学的性質とともに、建築物に悪影響を与える不同沈下が生じる可能性を明らかにします。

詳しくみる (地盤調査)

小規模建築物の地盤調査における原位置試験では、スウェーデン式サウンディング試験が基本となります。場合によっては、平板載荷試験、ラムサウンディング試験、ボーリング調査による標準貫入試験も実施します。

詳しくみる (地盤調査3)

地盤補強

小規模建築物等の荷重により、建築物に有害な影響を及ぼす不同沈下の発生が予想される場合には、地盤補強を行って快適な住環境の安心・安全を確保します。 地盤補強工法は、建築物や地盤の性状に応じて、表層地盤改良、柱状地盤改良、回転圧入小口径鋼管、その他の工法の中から選択することになります。

詳しくみる (地盤補強)

柱状地盤改良

柱状地盤改良とは、円柱状の改良体を地中にいくつも築造することで、地盤の支持力向上と不同沈下防止を図る工法です。円柱状の改良体は、粉体のセメント系固化材と水を混合撹拌したセメントスラリーをロッド先端の攪拌装置先端から吐出し、セメントスラリーと原地盤とを混合撹拌して築造します。

詳しくみる (地盤補強2)

ラップルウイング工法
ラップルウィング工法は、柱状の補強体と補強体先端の先端キャップを組み合わ せた地盤補強工法である。
柱状の補強体は、レディミクストコンクリートあるいはモルタルにより現場打ち で築造されるものであり、補強体先端の先端キャップは、鋼製の材料により工場で製作されたものである。

BCJ評定 (財)日本建築センター 評定取得工法

金城重機のラップルウイング工法

GBRC性能証明 (財)日本建築総合試験所 建築技術性能証明工法

ウルトラコラム工法

回転圧入小口径鋼管

回転圧入小口径鋼管とは、複数の鋼管を所定の支持地盤に根入れし、地盤の支持力向上と不同沈下防止を図る工法です。一般構造用炭素鋼鋼管(JIS G 3444 STK400以上)そのもの、あるいは先端に拡底翼を取付けて支持力向上を図ったものを、地盤に回転圧入していきます。

詳しくみる(地盤補強2)

ハットウィング工法
ハットウィング工法は、鋼管の先端部に特殊加工した先端翼を取り付け回転貫入し、これを地盤補強材として利用する工法です。
先端翼部を凹型としていることで、凹型部にも土がつまり、地盤との接触面が有効に働き支持力を確実に確保できます。

GBRC性能証明 (財)日本建築総合試験所 建築技術性能証明工法

右カラム用

大臣認定工法  国土交通省

alktop

大臣認定工法  国土交通省

ガイアスーパーパイル

表層地盤改良

表層地盤改良とは、安定処理地盤を造成して、地盤の支持力向上と不同沈下防止を図る工法です。粉体状態のセメント系固化材と深さ2mまでの原地盤を、バックホウ等により混合攪拌した後、振動ローラー等により転圧して、セメント系固化材による均質な安定処理地盤を造成します。

詳しくみる(地盤補強2)

沈下修正

金城重機(株)は自社設計、自社施工!
不同沈下が発生すると、住宅の基礎や壁に亀裂などの障害が起きる場合が少なくありません。さらに不同沈下が進むと、生活する上で困難となる様々な問題が発生します。
沈下修正は、不同沈下により傾いた住宅の土台あるいは基礎を持ち上げることにより、住宅を水平な状態にもどして、安心・安全で快適な住環境を蘇らせるものです。

詳しくみる(沈下修正)

役所調査

敷地調査では、建築物の建設が予定されている敷地に固有の条件を、測量調査および役所調査により明らかにします。測量調査で敷地の現況や周辺状況を調べ、役所調査で敷地に関わる法規制を調べます。

詳しくみる (敷地調査)

地盤保証

弊社では、地盤保証を行う多くの団体から、弊社の地盤調査・地盤補強工事の能力と実績を認められていることから、さまざまな地盤保証をご利用いただけます。

詳しくみる(地盤保証)

ソーラー事業

クリーンエネルギー太陽光発電への取り組み

これまでも金城重機(株)グループでは、省エネルギー対策として、照明器具の早期LED導入、営業車にハイブリッド車を積極的に導入、空調設備における設定温度適正化の徹底等、各所において省エネルギーへの取り組みを推進してまいりました。       
しかし電力消費において、当グループの電気エネルギー消費量が占める割合が非常に高く、大幅な省エネルギー化は厳しい状況でした。 これらの実情を踏まえ、また昨今の環境問題や電力需給を考慮し再生可能エネルギーの導入検討の結果、太陽光発電事業に参入致しました。
事業地としては千葉県東金市において東金太陽光発電所が平成26年3月より発電開始、沖縄県国頭郡今帰仁村(くにがみぐんなきじんそん)においては今帰仁太陽光発電所が平成26年5月より発電開始と本格的にクリーンなエネルギーの供給に取り組んでおります。

又、平成25年からは愛知県田原市のメガソーラー発電所をはじめ、多数の地域において、メガソーラー発電事業に関わる地盤事業に広く携わっております。

私たち金城重機螢哀襦璽彈勸一同は、エコロジー企業として、さらなるクリーンエネルギー供給に努め、人に、未来に、環境に優しい付加価値の高いサービスを提供して参ります。

東金発電所
今帰仁発電所

▲ページのトップに戻る

事業内容

金城重機株式会社 無料相談はこちらから! フリーーダイヤル0120-480249
無料相談フォーム

国土交通大臣許可般-27)第21216号 | 一級建築士事務所千葉県知事登録 第1-1301-6960号

金城重機株式会社では、主に小規模建築物を対象とした、建築物敷地の敷地調査、地盤調査から、地盤補強の設計・施工、地盤保証に至るまで、各分野における知識、経験と技術力の豊富なスペシャリストが、住宅地盤に関わる技術的な問題の処理を的確にしかも迅速に対応することにより、下記の事業内容に対して、一貫した信頼のおけるサービスをご提供して、皆様に対し、快適な住環境に対する安心と安全をお届けしています。弊社では、下記の事業を行うにあたり、1級建築士、住宅地盤主任技士(調査部門、設計施工部門)等の資格・学位を有するスペシャリストが、住宅や地盤に特化した技術をしっかりとサポートしておりますので、安心してお仕事をお任せください。