地盤調査、地盤改良、敷地調査の金城重機株式会社は千葉県松戸市を拠点に全国で地盤業務を展開。不同沈下修正工事や、地盤保証など地盤のことなら金城重機にお任せください

事業内容

地盤調査 小規模建築物の地盤調査における原位置試験

スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)

小規模建築物の地盤調査で実施するスウェーデン式サウンディング試験(以下、SWS試験と称す)は、静的貫入試験の一種であり、「JIS A1221:2002 スウェーデン式サウンディング試験方法」に規定されている試験です。

原位置において、スクリューポイントと呼ばれる“やじり”を地盤中に貫入あるいは回転貫入させることによって、土の貫入抵抗を測定し、その硬軟や締り具合、または土層の構成を判定する試験です。

試験結果により、地盤の許容支持力度qa、標準貫入試験によるN値に相当する換算N値などを求めることができます。

SWS試験には、「手動式」「半自動式」「自動式」の3種類の方法があります。弊社ではすべての調査において、自動式試験機器(日東精工株式会社、ジオカルテII)による全自動計測を実施。

個人差によるバラツキのない、正確なデータを安定的に測定しています。

地盤調査報告書で報告するSWS試験の結果は、計測調査地点ごとに、地盤の許容支持力や自沈層の有無を加えて視覚的に表示。地盤補強の必要性判断や設計に有効活用できるように工夫しています。

また、1測点の結果だけでなく、1ページに5測点の結果を表示したものも用意しており、各測点間の比較検討が容易です。

ボーリング調査と標準貫入試験

ボーリング調査には、ボーリングマシンと呼ばれる専用の機械を用います。先端に刃が付けられたパイプを回転させることにより地盤を掘削し、地盤中にボーリング孔と呼ばれる細長い孔をあけて、地質の構成や基盤の深さを調査。また、このボーリング孔を利用して、各種室内土質試験の試料を得るためのサンプリングや、標準貫入試験等のサウンディング試験を行います。
ボーリング調査で行われる標準貫入試験は、動的貫入試験の一種であり、「JIS A 1219:2001」に規定されている試験です。地盤中にサンプラーを動的に貫入することによってN値を求め、砂質土の締り具合や粘性土の硬軟の程度を判定することができます。N値とは、重量63.5±0.5kgのハンマを76±1cmの高さから自由落下させて標準貫入試験用サンプラーを30cm打ち込むのに要する打撃回数をいいます。また、貫入時に採取した試料は、土質を判定するための観察や物理試験の試料に用いることが可能です。

▲ページのトップに戻る

事業内容

金E典ヽ式会社 無料E未呂海舛蕕ら! フリーーダイヤE120-480249
無料E魅侫ーE border=

国土交通大臣許可(特-30) E1216E| E薹築士事務E虱娶知事登録 E-1301-6960E/p>

金E典ヽ式会社では、主に小規模建築物を対象とした、建築物敷地の敷地調査、地盤調査から、地盤補強の設計・施工、地盤保証に至E泙如各分愉惜おけE亮院経験と技術力の豊富なスペシャE好箸、住宅地盤に関EE蚕囘な問題の処理を的確にしかも迅速に対応すE海箸砲茲蝓下記の事業内容に対して、E咾靴真頼のおけE機璽咼垢鬚環鷆,靴董皆様に対し、快適な住環境に対すE多瓦醗汰瓦鬚届けしています。弊社では、下記の事業を行うにあたり、1級建築士、住宅地盤主任技士(調査部門、設計施工部門)等の資格・学位を有すE好撻轡礇E好箸、住宅や地盤に特化した技術をしっかりとサポートしておりますので、安心してお仕事をお任せください。