地盤調査、地盤改良、敷地調査の金城重機株式会社は千葉県松戸市を拠点に全国で地盤業務を展開。不同沈下修正工事や、地盤保証など地盤のことなら金城重機にお任せください

事業内容

小規模建築物の不同沈下の可能性を探る

建築物の不同沈下を明らかにするポイント

ポイント1  建築物等を支えるために必要な地盤の支持力

ポイント2  地盤の支持力以外の要因

建築物の不同沈下が生じる可能性を検討するため、資料調査と現地踏査による事前調査の結果と、現地でのスウェーデン式サウンディング試験(以下、SWS試験と称す)の結果をもとに、建築物敷地下の地盤状況、地盤の工学的性質を把握。その上で地盤解析を行い、総合的な見地から建築物の不同沈下の可能性を調べていきます。

建築物の不同沈下の可能性を明らかにするポイントは、大きく分けて2つです。1つは、建築物下の地盤に建築物等を支えるために必要な「地盤の支持力」があるかどうかという点。もう1つは、建築物の不同沈下につながる「支持力以外の要因」があるかどうかという点です。

ポイント1地盤の支持力

地盤が建築物を安全に支持するためには、地盤の支持力の観点から、地盤の許容支持力度 qa が、建物荷重等による設計接地圧q を上回っていることが必要です。地盤の許容支持力度 qa は、SWS試験の結果を用いた地盤の許容支持力度算定式により求められます。

q ≦ qa
ここに  q : 建物荷重等による設計接地圧  
qa : SWS試験の結果から求められる地盤の許容支持力度

SWS試験の結果を用いた地盤の許容支持力度算定式には、国土交通省告示1113号第2の式、建築学会推奨式、住宅地盤品質協会推奨式等があります。弊社では、自沈層の強弱を考慮できる建築学会推奨式と国土交通省告示1113号第2の式を組み合わせた、下記の住宅地盤品質協会推奨式を採用しています。

qa = 30Wsw + 0.60Nsw 
ここに  Wsw : SWS試験載荷荷重(基礎下 2mの範囲)の平均値 
Nsw : 貫入量1mあたり半回転数(基礎下 2mの範囲)の平均値

上記のSWS試験の結果を用いた地盤の許容支持力度算定式を用いる際、基礎下2m以内に荷重1.0kNの自沈、あるいは基礎下2m〜5m以内に荷重0.5 kN以下の自沈層が存在する場合には、建築物等の荷重に起因する沈下の影響がないことを確認することが必要です。

ポイント2地盤の支持力以外の要因

さらに、地盤が建築物を安全に支持するためには、地盤の支持力だけでなく、支持力以外の要因も考慮しなければなりません。一般に、小規模建築物の不同沈下によるトラブルの多くは、地盤の支持力の問題によるものではなく、それ以外の要因によるものです。

建築物の不同沈下が生じる要因には、さまざまなものがあります。弊社では、建築物の不同沈下が生じる可能性を判断する重要な項目として、地形区分、地形傾斜、特殊土、自沈層、盛土、擁壁の6項目に着目し、項目ごとに不同沈下の可能性を検討します。

建築物の不同沈下が生じる可能性を判断する重要な6項目
地形区分、地形傾斜、特殊土、自沈層、盛土、擁壁

地形区分

建築物の不同沈下の発生と地形には密接な関係があり、不同沈下を起こしやすい地形がある一方で、不同沈下を起こしにくい地形も存在します。不同沈下を起こしやすい地形は、後背湿地、谷底低地、おぼれ谷、堤間湿地、潟湖跡等であり、これらの地形では特に不同沈下に対する注意が必要です。

地形傾斜

原地形に傾斜を有する場合の造成地では、切土と盛土がほぼ同時に行われることから、宅地は「切土」「盛土」あるいは「切土と盛土の混在」の3種類に分類されます。
地形傾斜がある場合、切土は安定した地盤であることが多い一方で、逆に空隙が多い盛土は不安定な地盤であることが多く、盛土の厚さも一様ではないことから、不同沈下が発生しやすくなります。
また、切土と盛土が混在する地盤は、安定した地盤と不安定な地盤にまたがることになり、不同沈下という観点からは、もっとも危険度の高い地盤だといえるでしょう。

特殊土

一般に、特殊土と呼ばれる地質には、支持地盤として多くの問題点があります。そのため、建築物下の地盤内に特殊土が存在する場合には、その取扱いに注意が必要です。
不同沈下を起こしやすい特殊土は、高有機質土、二次堆積ローム、黒ボク等であり、軟弱な性状ゆえに沈下が大きくなり、不同沈下の可能性が高まります。

自沈層

SWS試験において自沈が生じる地盤は、多くの場合、上記の特殊土や軟弱な沖積粘性土です。これらの地盤では、圧密沈下に起因して不同沈下が起こりやすくなります。
この圧密沈下の大きさは、自沈層の層厚に比例して大きくなり、圧密沈下の生じる期間も、砂層の即時沈下のように荷重載荷後、短時間で終了するものではありません。層厚の二乗に比例して、数か月〜十数年の長期間にわたって沈下が継続するため、自沈層の層厚が大きい場合には、不同沈下に対する注意が必要です。

盛土

敷地の表層部に盛土がある場合には、不十分な締固めによる空隙の多さや不均質さといった、盛土自身の特性に起因して生ずる沈下や、盛土自身の死荷重によって、盛土下の軟弱な粘性土に生ずる圧密沈下等が、原因となって不同沈下が生じることがよくあります。
これらの現象は、盛土施工後の経過年数が短く、盛土層厚や軟弱層厚が大きいほど、影響が大きくなります。
また、谷底に盛土した造成地における谷の両端部では、元地形が傾斜しており、盛土の厚さや軟弱地盤の厚さが場所ごとに異なるため、不同沈下が生じる可能性が高くなります。

擁壁

敷地境界に設置された擁壁が比較的大きく、さらに建築物が近接している場合には、建築物の不同沈下が生じる可能性が高くなります。

一般に、擁壁背面の埋戻しは、不適切な施工のために、締固めが不十分であり、不均質であることが多いため、擁壁が比較的大きい場合、建築物等の荷重による埋戻土の圧縮沈下が大きくなり、その結果、建築物の不同沈下が生じる可能性が高くなります。

▲ページのトップに戻る

事業内容

金E典ヽ式会社 無料E未呂海舛蕕ら! フリーーダイヤE120-480249
無料E魅侫ーE border=

国土交通大臣許可(特-30) E1216E| E薹築士事務E虱娶知事登録 E-1301-6960E/p>

金E典ヽ式会社では、主に小規模建築物を対象とした、建築物敷地の敷地調査、地盤調査から、地盤補強の設計・施工、地盤保証に至E泙如各分愉惜おけE亮院経験と技術力の豊富なスペシャE好箸、住宅地盤に関EE蚕囘な問題の処理を的確にしかも迅速に対応すE海箸砲茲蝓下記の事業内容に対して、E咾靴真頼のおけE機璽咼垢鬚環鷆,靴董皆様に対し、快適な住環境に対すE多瓦醗汰瓦鬚届けしています。弊社では、下記の事業を行うにあたり、1級建築士、住宅地盤主任技士(調査部門、設計施工部門)等の資格・学位を有すE好撻轡礇E好箸、住宅や地盤に特化した技術をしっかりとサポートしておりますので、安心してお仕事をお任せください。