地盤調査、地盤改良、敷地調査の金城重機株式会社は千葉県松戸市を拠点に全国で地盤業務を展開。不同沈下修正工事や、地盤保証など地盤のことなら金城重機にお任せください

事業内容

安心・安全で快適な住環境を実現する地盤補強の設計・施工

小規模建築物における地盤補強の設計

弊社では、小規模建築物に有害な影響を及ぼす不同沈下を防ぐことができる地盤補強工法を、地盤調査の結果に基づいて的確かつ迅速に設計し、ご提案させていただきます。コストパフォーマンスに優れた工法で、安心・安全で快適な住環境を実現いたします。小規模建築物における地盤補強工法は、建築物や地盤の性状に応じて「表層地盤改良」「柱状地盤改良」「回転圧入小口径鋼管」「その他の工法」の中から、最適なものを選択します。

小規模建築物における基本的な地盤補強工法の種類
工法名 模式図 一般的な適用条件
表層地盤改良 表層地盤改良
  • 地表面から2.0m以内に良好地盤が存在すること
  • 改良範囲内に、地下水位がないこと
  • 改良厚さは、原則0.5m〜2.0m以内

> 詳しくはこちら

柱状地盤改良 柱状地盤改良
  • 改良径は、原則φ500mm以上
  • 改良長は、原則2.0m〜8.0m以内
  • 地表面から8.0m以内に支持層があること。ただし、摩擦杭として支持力があり、不同沈下がなければ、明確な支持層はなくてもよい

> 詳しくはこちら

回転圧入
小口径鋼管
小口径鋼管
  • 鋼管径は、原則φ114.3mm以上
  • 鋼管の肉厚は、原則 4.5mm以上
  • 鋼管長は、原則2.5m以上(鋼管径の100倍以内)
  • 先端拡底翼がある場合、原則、拡底翼の径は鋼管径の2倍以内、拡底翼の肉厚は12mm以上
  • N値10以上、層厚2m以上の支持層があること

> 詳しくはこちら

弊社の地盤補強設計の強みは、下記に表示している主要な準拠指針の基準を基本に、弊社独自の地盤補強に関するノウハウを生かした設計であること。安心・安全でしかもコストパフォーマンスに優れた地盤補強をご提案しております。
また、わかりやすく表示した独自の設計計算書と、CADで建築物基礎と地盤補強の内容を正確に表示した図面により、設計内容をしっかりと説明させていただきます。

地盤補強 CAD設計図面
地盤補強の設計、施工管理、および品質管理における主要準拠指針
社団法人 日本建築学会、2008年3月、建築基礎構造設計指針
社団法人 日本建築学会、2008年2月、小規模建築物基礎設計指針
財団法人 日本建築センター、2008年5月、改訂版建築物のための改良地盤の設計及び品質管理指針
−セメント系固化材を用いた深層・浅層混合処理工法−
NPO 住宅地盤品質協会、2009年5月、 住宅地盤の調査・設計に関わる技術基準書
小規模建築物における地盤補強の施工

地盤補強の施工においては、施工技術が高く、施工経験の豊富な施工班が、管理装置の搭載された自社保有の専用施工機械を用いて施工管理と品質管理を実施。安全かつ高精度・高品質な地盤補強をご提供します。

▲ページのトップに戻る

事業内容

金城重機株式会社 無料相談はこちらから! フリーーダイヤル0120-480249
無料相談フォーム

国土交通大臣許可般-27)第21216号 | 一級建築士事務所千葉県知事登録 第1-1301-6960号

金城重機株式会社では、主に小規模建築物を対象とした、建築物敷地の敷地調査、地盤調査から、地盤補強の設計・施工、地盤保証に至るまで、各分野における知識、経験と技術力の豊富なスペシャリストが、住宅地盤に関わる技術的な問題の処理を的確にしかも迅速に対応することにより、下記の事業内容に対して、一貫した信頼のおけるサービスをご提供して、皆様に対し、快適な住環境に対する安心と安全をお届けしています。弊社では、下記の事業を行うにあたり、1級建築士、住宅地盤主任技士(調査部門、設計施工部門)等の資格・学位を有するスペシャリストが、住宅や地盤に特化した技術をしっかりとサポートしておりますので、安心してお仕事をお任せください。